読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはちょっと、無理なんで・・・

ドルヲタそろそろ5年目

3/3 並木優@秋葉原m's studioバースデーイベント

希崎ジェシカの次に好きな女優、並木優(通称ゆうたむ)との初接触。
これはアイドルイベというかは甚だ疑問ですが、他に書く場所もないのでこちらで。
これは最新のゆうたむのDVD購入者用のイベントでしたね。
対象1枚に加えてアイポケの商品を1枚もしくは2枚購入した人で特典内容が違ってくるタイプのやつ。


整理番号は13番という早い番号だったけど、この手のイベントの参加は初だったので、開始時間の17時とともに会場入り。

何か見覚えあるビルだな・・・と思ったら前に個撮で使ったスタジオのあるビルだったw 広いアキバで同じビルに何回か行くことになるとは・・・

18時ちょい過ぎに行くと、席は2列目ラスト。

1列に12人(記憶微妙で9人かも)横に並ぶ感じで椅子が出てた。

ので、24番目(か、18番目)椅子は会場いっぱいに10列は出てたのでちょっと寂しい感じ。

席につくとちょうどゆうたむ登場。

 

 

黒のドレスでセクシーな感じ。肩だしだったので、少しずつ落ちてしまうらしく、しきりに胸の辺りを直していたのがまた色っぽかったー

どうもー、という感じでちょっとふわふわした雰囲気。

すると急に「これがえりたむだ!」と写メ中だったゆうたむのマネージャー、えりたむを紹介w

これはゆうたむのバースデーイベント(3/3当日)だったけど、実はマネージャーさんも誕生日が近いから祝ってあげてとブログで言ってたので紹介してくれた模様。

でも急に言ったからびっくりしたw

そして25歳の抱負を軽く語った後はさくっと個別のイベント開始。

 

流れは参加者3人が基本セットでそのグループごとに、

・グループ撮影会(全購入者対象)

・1対1の撮影会(3枚購入者のみ)

・ツーショット撮影(2枚以上購入者)

・個別サイン会(全購入者対象)

という感じ。なかなか長いです。

この手のイベントって3枚買う人がほとんどな事がけっこうあるけど、このイベはホントにバラバラ。1枚のみの人も2枚の人も(俺はこれ) 3枚の人も均等な雰囲気。

 

つまりは8(または6)グループ目で、1ターンで10分くらいかかってたので、

18時開場、18時半開始の次のPASSPO☆の現場に遅れそう疑惑(((((( ;゚Д゚)))))

とはいえ待つしかないので目の前でサインしてるゆうたむをじっくり観察して楽しむ。

うん、かわいい。正直実物はもっとケバい感じ(年齢的に)かと思ったけど、全然ふつう。ふつうにキレイでした。

 

客の年齢層はやっぱり高め。20代の若者(?)が何人かいたけど、あとは30代や40過ぎっぽい人がメインでしたね。俺は若い部類だった。

いつものドルヲタ現場があんまヲタ臭しないことが多く、若い層に囲まれることもしばしばなので、逆に新鮮w

 

時間は割とゆったりとした感じで、サイン会のときは明確に時間を設定してない感じだった。

だから無言でサインしてるところを見つめながら終わったらそれを受け取って握手してすぐ帰る人もいれば、横のスタッフとかも巻き込んで談笑がけっこう続いてる人もいる感じだった。

当然(と言うべきかw)そんなに喋ることは用意してないので、自由な空気にちょっと焦る。

そして会場がほぼ無音なので、声がけっこう聞こえちゃってやりにくそうw

でもこれは途中から連れと一緒に来たおじさんがけっこう大きな声で話してたので、いい防音効果になってて多少はやりやすくなった。レアケースw

 

そんなこんなで18時前に出番。

順番的に3人組の3番目だったんだけど、グループの1番目にいた人がちょっとアレな感じだったので、入れ替わって俺が1番に。焦るw

 

まずはグループ撮影。ゆうたむが3人に向かって1人ずつポーズをとって(指定はNG)それを撮影する感じ。

「自分が撮ったら合図くださーい」と言われていたので、カシャっとした後けっこうおっきい声で「ハイ!」と言ってしまって恥ずかしかったw

1分くらいだったかな?10ショットくらい撮って終了。

 

次は個人撮影。

これは3枚買った人のみなので、休み。1人だけやってたので、それを観察。

ポーズを指定できるんだけど、みんな変わったポーズはなかったな。みんなにモロ見えなのであまり派手なのはできない感じはあるけど。

 

そしてツーショット。

スタッフさんが「縦でいいですか?」「胸から上あたりにします?」とか聞いてくれる。親切。その通りにしてもらう。

腕を組んでくれて、肘に全神経を尖らせていたけど、ぎりぎりのトコだったらしく感触はなかった・・・(何やってんだ)

近くで見たゆうたむはやっぱキレイだった。そして、えろい。何この語彙力ゼロの感想。

 

ラストにサイン会。

バースデーなのに手ぶらもアレだなーと思い伊勢丹地下でバースデーケーキ(小)を買ってきたので取り出す。¥500くらいのやつ。これ俗にいう経費削減ね!

以下、トーク。

 

俺「誕生日おめでとー」

ゆう「わーありがとー。あ、これってお菓子?」

俺「あ、そうだよー」

ゆう「何か食べ物っぽいけど違うやつとかあるから~」

俺「あ~ちょっとどっちかわかりにくいもんね。これは食べ物に似せた・・・」

ゆう「うん」

俺「・・・食べ物だからね」

ゆう「うん(何を言ってるのこの人)て、ゆーかはじめまして?」

俺「あ、そう!遅れましたはじめましてです」

ゆう「だと思った~」

俺「いや~実際目の前来ると何話すか忘れちゃう」

ゆう「あーそーゆー人多い!けっこういるよね?(と隣の女マネージャーに聞く)」

マネ「いるね~」

俺「色々話すこと考えてくるけど、逆に何を話そうかわかんなくなっちゃうみたいな…」

ゆう「そんな感じ!」

俺「今の俺がまさにそれだね!」

ゆう「あはは~」

俺「それにしてもやっぱ目の前で見てもかわいい」

ゆう「あ、どうも~」

俺「・・・的な感じのことを色々考えてたんだけど」

ゆう「的な、ね!w はい、サイン」

俺「ありがとーまたねー」

 

何という中身のない会話!

序盤の「食べ物に似せた・・・食べ物」で俺のテンパり状態が推測できるかと思います。

そう、言い出しをミスると修正できないのです。「食べ物っぽく見えないけど、食べ物だよ」的なことを言う予定だったんです。

褒めた後に「的な」とか濁すにも我ながらどうかと思いますよ、ええw

 

ゆうたむの横に女マネージャー(でもえりたむというマネージャーは別の人なのでこの人は何の人だろう?巨乳だったけど)がいて、男スタッフが横にいて、真後ろの席はもう誰もいないけど、3列目の待機の客からは見えているという状況だったので焦ってしまった感。

福家書店イベといい、本人以外の人が多い場所だといつもより余計にビビってしまうタイプなんです僕。

 

でもギリで次の現場も間に合ったし、ゆうたむ間近で見れてツーショットも撮れたので、いい思い出!

ちなみに購入対象だったDVDも定価は2980円だけど、普通に店頭価格で2480円になってたので、2枚購入で5000円弱。

もちろん別のDVDで良いので、使用価値のあるもの2つに加えて上記の特典がつくなら、割と安いイベなんじゃないかなーと思いました。

他の人もいきそうで怖いけど、アイドルとの区別はしっかりつけなきゃなんで、ちと我慢ですな。

 

※写真追加予定