タイトルはちょっと、無理なんで・・・

ドルヲタそろそろ5年目

9/24 @ JAM×ナタリー EXPO 2016 DAY1(前編)

いやー終わっちゃったなー夏。

色々ありましたね今年の夏も。

7月にアイドル横丁あってパンツびしょびしょにして、

8月にTIFあって金曜はそうでもないけど土日にパンツびしょびしょにしましたね。

そして9月。まだ夏は終わってない。

@JAMのアカウントを持つ謎のガイジンに大量のリプが送られ続ける(そろそろアカウント変えろよ)そんな季節です。

TIFが3日に増えて冬もやるってのにビックリしてるのに@JAM EXPOも2日ですよ。

しかもナタリーと組んで名前も若干変わってるんですよ。普通のバンドとかも来たりしてもうワケがわかりません。

そんなワケで今回の@JAM EXPOは1日目の9.24だけ参加です。

理由は上記とはまったく関係なく、金銭面の問題です。

今回見たかった(普段見れない)グループがBiSH、そしてBiS、そしてBILLIE IDREだったということもあって、24日のタイテ見てこの日だけでいいじゃんってなったというワケですね。まったく財布に優しいぜ。

 

そのタイテはこちら。

f:id:ffsaikyou:20160927231206j:plain

 

とりあえず体面上あった方が良いかと思ってサイズ調整等してないので、ちいさいとか文句言わないように。そもそももう終わったイベントだ。

 

もし興味があるようなら

expo.at-jam.jp

こちらを参照されたし。

 

100人のヲタクがいたら100通りの回り方があるだろうし、

そもそもそれぞれのライブに100通りの感想があるだろうから、

行った人に共感を呼ぶような記事なんて一切なく、

行ってない人にこのイベントを臨場感をもって伝えられるワケもなく(そもそもそんな文章力を持ち合わせていない)、

じゃあなんで書いたかっていうとそりゃ楽しかったから振り返りたいっていう、それだけの動機だったりする。

まぁイベントのレポなんて大抵そんなもんだろと自己弁護しながら始めますよ。

 

 

入場

まずここが大変。

例年通りの横浜アリーナは改装中やらなんやらで使えず、幕張メッセ9~11棟を使うことになった。

リリイベやらで同じ海浜幕張駅から向かうイオンモール幕張新都心には行ったことはあるけど、メッセは初。まぁ道はヲタクについていけば迷うはずもないけど。

 

埼玉県民からするとまぁ遠い。仕事に行く日と同じ時間に起きていつもより長く電車に乗る。田舎の特権で座っていけるのがせめてもの救い。

どうせ家を出る時間遅れたり、乗換ミスったりするだろうと思ってたら予定通りに海浜幕張についてしまったからこれは無欲の勝利と言えるだろう。

9時半に駅着いたので10時のNAHは余裕だと思ったら幕張メッセ前には人の列、列。

 

 

先に並んでた人によると、こんなことがあったらしい。

 

 

地獄絵図さーせん。

 

やべぇのいっぱいいるなぁ…。世間から俺も同じアナの何たらなのでしょうが。いや、さすがに違うな。

まぁNAHそこまで観たいワケじゃないのでゆったり列に並んで待つと図ったように10時ちょい過ぎに入場できた。

通路は広いし自販機たくさんあるしコンビニあるし空調も効いてていい感じ。快適さは例年より上かも。

 

 

ちなみにMAPはこんな感じ。

f:id:ffsaikyou:20160927233319j:plain

 

まぁこれ見て誰もが思うことは。。。。

 

 

ステージ同士近すぎない???

 

 

ですが、まぁMAPってデフォルメされてることも多いしね、路線図だって駅と駅の位置は全然あてにならないしね。

と思って実際入ってみたら、

 

 

ほぼ合ってた。

 

 

つまり隣合わせ背中合わせ。近くのステージの音ガンガン入ってくる感じ横丁を連想させるけど、室内なぶん反響しちゃってもうね大反響。

まぁそろそろライブの感想に移るか。

 

あ、今回もヲタクの名前はがんがん晒していくスタイルなのでアシカラズ。

f:id:ffsaikyou:20160927234216j:plain

(画像はパラグアイ代表DFアルカラス)

 

 

NAH(ピーチステージ)

 

入場ギリだったし、持ってきた水が既に空いてたというホラーのため自販機で買い直しとかしてたせいで10分くらい遅れていったけど、まだ始まってない。

OAはほぼ定刻通りにやったけど、例の騒動のアオリを受けたのか、はたまた別の要因なのか、とにかくこちらにとっては好都合。

ちょーかんとぐっちょんさんが朝っぱらからうるさいパンケチャで出迎えくれる。なんで朝からこんなテンション高いのこの人たち。

端の柵を押さえてくれてたのでそこに寄りかかりながら、その次の出番で待機してたつりビット面々に手を振ったりして時間をつぶす。返してくれたのはさくちんだった。推せる。

で、ショートカット3人組が登場してスタート。

 

セトリは…まぁ情熱の風しかないわな。

朝イチだし、体調もかなり不調だった(実はこの日のために金曜休んだ←)し、曲もそんな盛り上がるやつじゃなかったので柵によりかかったまま終了。故に感想は特になし。

持ち時間15分?だった気がするけど曲が4分ちょい?でトークが5分もやってないので確実に10分以内に終わってしまった。

まぁ無理やり組まされた3人が10分トークする予定だった方がむしろ寒気する。スタートが押して助かったのはヲタクの方かもしれない。

 

ここで二人とは別れて会場をぶらぶらすることにする。

 

ピーチの後ろにちょっとだけ物販ブースがあって、その横にCD販売ブースがあって、@JAMのグッズとかがピーチの横らへんに展開。全体的にすごくこじんまりしている。

特典会の会場で特典券を売り出すグループが多かったのが理由だけど、グッズ売り場の人たちは終始ヒマそうだったな…

トイレはメッセ内に何個も設置されているし、外に仮設のも出来ていたのでTIFほど困らなかった。

しかしメッセは広いので壁があって空調効いた中で休めるからなかなか悪くないないのかもしれない。しれないけどとにかく隣の音がすごい。移動が楽なんだけどとにかくうるさい。ぼくは体調がいまいちなので逆にあまり気にならなかったけど。

 

 

 

BiSH(ストロベリーステージ)

 

まぁそんな感じで体調考えてこのままずっと後方地蔵なのかしら今日は、なんてことを考えながらストロベリーステージへ。

毎回この冠がついたとこがメインステージ扱いなんだけど今回もそれで、大きめのステージにかなり長い出べそがついている。ランウェイと言った方がよいのかしら。

VIPゾーンも5mくらいあるので、出べそ最前から見たらステージはそのへんのライブハウスの最後方で見るよりよっぽど遠い。出べそに来てくれることを願うばかりである。

 まぁそんな前行ってもあれなので上手の後方辺りで待機。その前にやってた神宿はまぁあれだ。最近よそと見分けがつくようになってきた。あと「かみやどです!」のタイミングだけわかるようになったよ。

 

んでBiSHの出番。 

 「オーケストラやるかなー」

「やったらいいなー」

「また星が瞬く夜に連続だったりしてw」

「それもいいけどねww」

みたいな会話を合流したちょーかんとしてた気がする。たぁーくんも来てたな。

 

 

セトリはこんな感じだった。

 

 

01)オーケストラ

02)MONSTERS

03)OTNK

04)beautifulさ

05)BiSH-星が瞬く夜に-

 

 もうね、優勝。

 

 

 

とてもよかった。いきなりオーケストラだったよ。

まぁ生で観るの初めてだったから思う存分地蔵させてもらってとにかくじっと見て聞いてた。

そしてやっぱりすごかった。落ちサビのアイナの掠れる声たまらんな。

 

 

この手の1日ぶっ通しイベントってそこそこするじゃないですか。

DDだから観たいとこいっぱいあるじゃないですか。

調子悪いからそのへんのペース配分しなきゃいけないといけないと思ってて、いきなりバテちゃうと色々もったいないな、って思ってたんすよね。

この曲みるまでは。

 

 

「あ、もうチケット代とったかもしれない」

 

 

こう思っちゃったんですよね。手数料込で8kする今回のイベントですけどね。思ったんですわ。

それで次にMONSTERSのイントロ来るでしょ。気が狂うでしょこんなもん。

気づいたらヘドバンしてわっせっそわっせっそしてたよね←

さすがに出べそ前のWODは参加しなかったけど、その場でだいぶ沸かせていただいた。

もうぶっ倒れてもいいかーってな感じ。で実際カラダはもうちょい丈夫なもんでこの日の限りは平気だった(その後2日寝込んだけど)

トランスかかるというか頭がオカシクなるあの感覚ってなかなか味わえるもんじゃないからMONSTERSサイコーですわね。

 

んでOTNKでイエッタイガー決めて、beautifulさでトゲトゲして、次にラストな雰囲気で星が瞬く夜にでしょ。サイコーかよ。

なんか気づいたらアイナコールしてて「コールもすんのかよ!」ってちょーかんに笑われたw出べそに来てたので割とすぐ横にいたもんだからテンション上がっちゃって…

で、肩組んでヘドバンのとき俺ちょーかんたぁーくんでやろうと思ったら、隣の人もニコニコ肩組んできてくれて何か楽しかったなぁ。あんま沸いてるゾーンじゃなかったから嬉しい。

 

終わったらくっそ汗だくであーライブ観たなぁーって感じ。たった5曲だったんだけど、とてもライブだった。ライブした。ライブでした。

 

口々に「これは優勝だわ」「早くも決まったな」「サイコーだったわ」という声。まぁほとんど俺らが言ってたんだけど。

 

いい気分で次のGEMへ。

 

 

GEM(ストロベリーステージ)

 

同じストロベリーなのでそのまま待機。

 

セトリはこんな感じ。

 

01)We're GEM!

02)Spotlight

03)Just Call Me

04)Can't stop lovin'

 

まぁまぁ。

 

最初のウィアジェムで何か知らんけど「あーかこちん!」のとこスゲー本気でやってしまってこれ完全に熱が残ってるせいだなこれとか思ってた。もうペース配分とかどうでもいい。

あとこれのせい。

 

f:id:ffsaikyou:20160925005330j:plain

 

GEMの公式LINEに前日来てたんだけど、完全にやるフリだったよねこれw

 

 

出べそはこれとラストのキャンストで使ってて、ちゃんと配置もバッチリでこうゆうとこしっかりしてんなーって思った。

これから盛り上がっていくぞー!みたいなフリからのJust call meはちょっとアレだったけどね。いやまぁいい曲なんだけども。

ただストロベリーでぐわーってさせるにはDYBだったんじゃねぇかなぁとも思ったり。

こないだのTIFといいちょっと選曲が尖ってる気がしなくもない。

でも伊山が相変わらずうるさくて安心した。 

 

 

その後はちょっと休み。

汗がとまらんから会場をちょっとブラっとしつつストロベリーを眺めながら壁のとこに座り込んで待機。

 

わーすたはみんなかわいらしいけど、まぁ曲がこんな感じだと現場増えなそうなんでありがたい。今後はわからんけども。

いざ実際聞いてみると(ほぼ曲自体初めて)、トリケラトプスまじでつよいよりいぬいぬねこねこの曲の方が中毒性ありそうだなーと思った。あくまで初回の感想。

 

次は夢アドだった。「かわいいだけじゃダメですかぁーーー??」って言ってるときの荻野可鈴ちゃんの顔がすごくかわいくて腹立つw

あとは基本的にきょうたんのきょうたんを見てた。ステージの後方上にでっかいモニターがあるんだけど、きょうたんアップのときに跳ねてたりすると「おおーー」みたいな歓声があがったりして、なんだかとてもフェスって感じだった。概念は人それぞれ。

まぁここもまだ大丈夫だなとか思いつつ、9nineさんに備えて出べそ横上手辺りに待機。こういう場所取りの自由さはTIFより快適でいいかもしれな。まぁ最前にこだわる人は別なんだけどけど。

 

 

 

9nine(ストロベリーステージ)

 

9nineの日ぶりのないーん。OPSEの雰囲気がまだ慣れないのでクラップも出遅れがち。

 

セトリはこんな感じ。

 

 

01)SHINING☆STAR

02)愛 愛 愛

03)チャンス

04)Re:

05)困惑コンフューズ

 

 

いきなりのシャイスタ。と思いきや去年もそうだったような。2番からサビは対バン仕様の手を振るだけの振りになってましたね。みんなできるからね。

パっと見の一体感より「しっかり踊れる9nine」が好きなぼくはちょっとがっかりしてしまうのだけど、こういう場所は仕方ない。TIFがそうだったから期待してしまった。

 

今後もきっとスタメンであろう愛愛愛やってチャンスのときに出べそへ。

「前の通路の人は何の人たちなのーーー?え、VIP?そうなんだーじゃあお金けっこうかけてるんだねーーー」っていう佐武さんらしい客いじりw

ぼくはというと始まる前は柵の2人隣にいたんだけど、始まって1人いなくなり、途中で柵前の人もいなくなったので後方ではあるけど柵を取れてしまった。

んで出べそに来たときにうっきーがけっこう目の前いたのでけっこう高まった。まぁあのコと俺のことだから見えてないだろうし、見えててもすぐ忘れるだろうからそのへんはどうでもよく、ただ俺からめっちゃ見えたというのが大事だった。いい時間だった。

 

チャンスがちょっと響いてこない曲なのでそれはそれでちょっと困ってる所存ではある←

 

そしてステージに戻って今後も中核になるであろうRe。そして定番の締め曲困惑。

そう考えると9nineの日のライブで困惑の本来の振りを観れたのはなかなかに貴重であった。この曲は対バンではタオル曲なので2面性があるというか、これはこれでよいのかなっておもう。

 

MCでかんちゃんのマイクがちょっと不調で一旦引っ込んで直すというシーンがあったけど、それに象徴されるようにちょっと全体的に不調だったのは気になるところ。

場所との相性といったらそれまでなんだけど、対バン経験がキャリアの割に少ないのでそのへんはもっとアジャストしていかないとなーとか思いつつ見守りおじさんなのでずっとニコニコしてみてたし見ていられた。

 

これ観る為にはっちゃけは干した。あんだけワンマンで好き勝手やっておいて本当に勝手な奴だと自分でもおもう←

 

 

 

特典会

 

 

次のお目当てはキウイのBILLIE IDREなので、それまでまた30分ほど余裕が。

タワレコブースに「ひめキュン:伊予魂で特典券(大意)」ってなってたんでCD持ってって出したら恒例の「ちょっとお待ちください…」「…」「…」「あのーひめキュンさんの特典券はこっちに来てなくてですね…」「じゃあこのCD要らないですww」だった。もう伊予魂いらないのでちょうど良かった←

このあとひめキュンの項目は消されて、特典会やってる横でいつものお兄さんがいつものスタイルで物販やってたからそっちで買ったけど、どっちの情報伝達ミスなのだろうね、どっちでもいいけど。

 

ってことで毎回EXPOで起こる「入場時にくれるいらないCDについてくる特典券使わずに持って帰ってきちゃう問題」を解決すべくANNA☆Sの場所へ。

帰り道に寄りやすいエソラで2回ほどリリイベ見る機会があって、ライブなかなかよかったし、優奈ちゃんかわいいし、CD買わずに無銭のまま帰ったし、優奈ちゃんかわいいしでちょうど接触行きたかったんですよね。優奈ちゃんかわいいし。

 

まずは無料握手会。ついでにクリアファイルもくれる優しい運営。リリイベのときは自作チラシくれたしとてもアットホーム。

とりあえず3人とも「エソラのリリイベ見て良かったから今回の機会に来させてもらったよー」的な事を言っといた。ポンコツリーダーこと杏奈ちゃんだけ「あ!いた!こっち側にいた人??」みたいに言ってきて全然ポンコツじゃなくてわろた。

 

お次が例の特典券を使っての写メ会。

写真を撮るスタッフが一人しかいないので、3人の前に並ぶのではなく、1列で並んで1人を指名してほかの2人にその様子を見られながら撮るという険しいスタイル。いやまぁ認知ないから俺は険しくないんだけども。

やっぱり優奈ちゃんと撮ってとにかく綺麗だよね!みたいなことを言ってた。

 

 f:id:ffsaikyou:20160924212252j:plain

 

写真ではなかなか伝わりずらいんだこのコ。

 

 

まぁこんだけやって無料握手&配布特典券だからここの運営にまだ1円も落としてないのそろそろ申し訳ないので次はちゃんとCD買わなきゃ…

 

ってことでキウイステージに戻る。ビリーの次は新生BiSだからなかなかの客入りが予想されるので始まる前に行っとかないと…

 

そしたらその前のバンもんで既になかなかの人入り。入り口付近は人が多くてなかなか入りずらい感じになっていたので奥の下手側から侵入。そっち側はさすがにぽつぽつスペースはあったけど基本どこにも人いておおって思ってた。

 

 

BILLIE IDRE®(キウイステージ)

 

そしてビリーのターン。バンもんが終わってけっこう前方の人が去ったのでラッキーと思って下手の前方へ。

すると肩をちょんちょんとされて、あれここに知り合いはいないはず…?と思ってたらIKEさんだった。目的は同じでビリーからの3連続を観に来たようだ。

はっちゃけどんな感じだったとかを聞いてたらビリーアイドル登場。

 

セトリは曲を俺が知らないのでTwitterより拝借。

 

01)anarchy in the music scene

02)be bop tu-tu

03)be my boy

04)泣きそうサンデー

05)彼方に…。

 

 5曲もあったんだっけ…w

 

スタートの曲は…っていうか基本ファーストサマーウイカしか見てないんだけど、自分が歌ってないときのピクリとも動かないウイカ様かっこよすぎでしたね。MJ感ある。MJからのFSU。

 

be bopとbe myはタワレコ新宿にリリイベ行ったときもやってたし、次の日もやってたみたいなんで定番なのだろう。

 

この日一般に初お披露目(FCイベントでは披露済)となった新メンバー、アキラも全然余裕な感じだったし、歌声がモモに似ててあれホントに姉妹だ!って思ったw

モモはモモでなんか風格あって完全に慣れたなぁって感じ歌声が独特だからけっこういくんじゃないすかね。ヒラノ氏も昔より全然声出てたような気がする。まぁ記憶はだいぶ薄れているけども。あくまで印象の話。

 

あとMCでのウイカさんがとてもクセの強い関西弁で場を掌握してたのも相変わらずというかパワーアップしててとても愉快だった。

「あのー今度ね、代々木の……あれや、野音みたいなとこでライブやりますんでよろしゅう!」は完全に笑った。なるほど正式名称よりわかりやすい。当然行く。

 

まだノリがわかんないとこもあるけど、とにかくウイぽん見てるだけで楽しいし美しいのでもっと行きたい現場である。BiSの頃は半年ちょっとしか推せなかったからまだまだ足りない。 

 

 

 

BiS(キウイステージ)

 

 

そしてそのBiSである。あの頃のBiSではないけど、紛れもないBiSである。

ぼくの中で研究員という括りには入りきれなかった気がして横アリもどこか遠くから眺めていたまま終わった新生アイドル研究会。

その後のキャノンボールとかその手のものも、「もう終わったもの」にこれ以上ハマりたくないから見てないし、とにかくぼくの中では終わったものではあった。

ただ、上記のように不完全燃焼ではあった。不完全に終わったグループであった。

それはそれこそビリーとか、プラニメとかテンちゃんのソロとかブクガといった現場にちょこっと行って晴らしていたということもある。

BiS現場を知らないヲタクがもはや伝説的となったグループの話だけを聞いて知ったような気分になってるのを見て正直モヤモヤしていたし、ちょっとしか行ってない割にモヤモヤなんてしちゃってる自分がよくわかんなくなったりしていた。

まぁ色々感情がまだある中で今回の復活である。

自分自身ちょっとヲタクの姿勢が変わってきたこのタイミングってのもちょっと面白く、ある時期だったら「BiS?もう俺の中では終わったグループだし、ウイカもいないんだし行かないよ」ってなっていたかもしれない。

でも今のこの時期の感情で言うと、

 

「超みてぇ!」

 

 

である。みたいものに特に理由はない。だってみたいんだもの。

特に意味のない前置きが長くなったが、とにかくBiSである。客入りはやっぱりさっきより増えている。今回が初BiSという人も多いだろう。

 

プールイとともにやってくる新メンバー。

「はじまりはやっぱりこの曲!」から始まったのはもちろん、nerve!

 

 

セトリはこちら。

 

 

01)nerve

02)My Ixxx

03)BiSBiS

04)primal.

 

 

当然フロアはぐわーとなる。この圧縮の感じも実に久々である。

なんかぼくも楽しくなってきてしまったのでその流れに身を任せてちょっと移動。「プールーイ!」ってコールするのも久々なのでつい勢いに任せて「オーレーノ」までやってしまった。テンションってこわい。

さすがに「だいてやるよーー!」はやらなかったけど(横アリではやった←)

地下アイドルが盛り上がりの為に使うという諸刃の剣でよくやってるnerveだけど、その曲以外盛り上がらないという全く意味ない現場も何個も見てきてるので、まぁ色々エモい。

右流れてパンのとこ対応できない人けっこういたし、やりすぎてた人もけっこういたので、やっぱ初めてなんだろなーとか思いながら。

新メンは名前はわかるんだけど、どうコールすればいいかわからんのが困ったもんだ。それもまぁこれから。

 

 

次はマイアイ。このへんになってくるともうけっこう忘れててサビで関係ないとこで「オイオイオイ!」とかやってしまって割と恥ずかしかったw

 

そして現在唯一の新体制の曲BiSBiS。フリのまったくわからない曲ではあるけど、やっぱり観ておきたい曲だったので、やってくれてありがたかった。

ていうかサビのラストの「とりーーーーかえそうーーー」の手をピロピロさせるとこが、アヤ・エイトプリンスさんの先にいたんだけど、そんときの顔がなんだかくそかわいかったので、軽い気持ちでペリ・ウブ推しになろうかなーなんて思ってた過去を忘れることにしました。

 

ラストはやっぱりprimal.

primal.立ちするのも久々だし、振り返った先に振り返らない派(もしくは知らないだけ)の人と妙に目があってしまう光景も久々。こっちは両手上げて半回転ターンしてるからなかなかに間抜けである。でもこれがたのしい。

このライブがぼくにとっての新生BiSのプライマルだったわけですね。

しかし新生BiSって新生って意味だぶっちゃってるな、まぁいいか。

 

あ、そうだ、nerveかなんかのわちゃわちゃしてるタイミングできょーへいくんに会ったんだ。あんなわちゃついてるのに肩トントンして、あ、どうもなんて声かけてくれるからニューエイジがみんな礼儀正しいのは彼とまこっちゃんによるものが大きいんだろうな、なんて思った。

 

 

GANG PARADE(キウイステージ)

 

お次はギャンパレ。だけどけっこう疲れたし、曲も知ってるワケじゃないし、水もリュックに突っ込んだまま(バカ)なので取りに帰って、後ろでゆったり観ることにする。

 

セトリはちょーかんより。現場行ってないはずなのによく知ってんな。

 

01)Happy Lucky Kirakira Lucky

02)who am I?

03)pretty pretty good

04)Plastic 2 mercy

 

みんな盛り上がる系でしたね。サビや間奏でのキャッチーなフリを意識してる感じでみんな初見でなかなかいける感じの楽しいやつでした。まぁこれはけっこう形骸化しちゃうっていうある意味諸刃の剣なのだけども。

nerveやらprimal.やらのフリを使ったりしてるので、わかりやすいのはこっちとしてはありがたい。

 

ラストはやっぱりPla2meですね。もう2回名前変わっとるけども。

この曲の肩組むとことかも隣のヲタクから誘ってくれてありがたい限り。研究員系の界隈ってこういうのいいとおもう。

ぴょんぴょん跳ねてラストってのちょうど疲れて終わる感じとてもいいので気持ちよく終了。やっぱこの曲ぼくはすきですわ。

 

メンバーは脱退・休養(のちに脱退)という事情もあって3人だったのはちょっと寂しいところ。新メンバー入れて4人体制になるようなので、ここもちょっと見てみたいグループである。

 

 

さてさてこんな感じで書いてたらもう1万字を超えてしまうのでそろそろ区切り。続きは後編ということでよろしくお願いします。ここまで読んだあなたは勇者だ。(スクロール派もおけ)