読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはちょっと、無理なんで・・・

ドルヲタそろそろ5年目

TokyoIdolFestival2016 Day1(SHIP 9nine)

いやーきましたね。この季節がね。

 

TOKYO

IDOL

FESTIVAL

 

つまりTIFの季節。

お金がすぐなくなる季節。

推しが増えてる季節。

日焼けがひどい季節。

疲れもひどい季節。

でも・・・・忘れられない季節(なんだこれ)

 

 

っていういきなり読み手のやる気をそぐスタートで始まりました(重複)が、こんなくそブログにフルイにかけられてるお気持ちね、察します。

 

今年は3日もあるのでさっさと進めたいと思うんですがね。

そう、3日もあるんですよ。バカなんじゃない?

2日で十分でしょっての!2日で毎年あんな死にそうになってたのに!

そろそろ死者が出るよ?死ななくてもそれに準ずる何かが起きるよ??

まぁ行くけどね←

 

さすがに3日フルで行くとぼくのようなか弱いカラダではニュースになりかねないので、1日目は仕事してから行くことにしました。

まぁバイトだし誰にでもできる仕事しかしてないので、他の方の仕事帰りと比べりゃ余裕っす。人生に余裕はないけれども。

ホントは定時の18時に上がって、のんびりPO☆だけ見ようかなーと思ってたんですがね・・・。

 

 

 

 

9nine(SHIP STAGE)

 

コレ。

 

コレのせいですよ。ぼくが早上がりしたのは。

コレ18時スタートなんすよ。

行かなきゃいいじゃんって思うじゃないですか。

でもコレ、9nineが4人体制になって初のライブだったんすよ。

4月のZeppDiver(奇しくも今回のTIFのHOT STAGE)で海荷の卒業発表を聞いて、先月中野サンプラザで卒業と見届けたワケだし、やっぱり見とかなきゃいかんなって思ったのですよ。

DDだし、ずっと9nine追っかけてきたワケじゃないけど、点と点を線にしたいっていうか・・・恥ずかしいこと言ってるな。

まぁ早い話が見たかったんですよ。たぶん今回のTIFでいちばん。

 

 

だから17時に新宿で仕事終わらせて、47分くらいに船の科学館駅ついて、リストバンド交換所は誰もいないのでサクっと交換して、そこでガイくんに声かけてもらって今日のヲタク接触第一号して(あ、今回はヲタクの名前ガンガン晒していくスタイルです)、そこそこ人いるSHIP STAGEの中へ。

 

 

\オレのTIF2016はじまった!/

 

 

このSHIP STAGEってまぁ潮風は来るけど、ただの駐車場だし、ブロックが分かれすぎてて間のスペース(立ち止まり禁止)が妙に広くて勿体ないないしでなかなか残念なステージでしたがまぁそんなん関係ない。このライブが特別なステージであることに変わりはないしね。

 

テキトーに荷物置いて「俺前行ってくるねー」とだけガイくんに言って行ってしまったけど、結果的に荷物番してもらった感じになってしまったのでそのへん非常に申し訳ない。

 

最前中央ブロックはごちゃごちゃしてそうだったので、その一つ右隣の上手側のブロックへ。そこそこ前でそこそこ快適。俺っぽいポジションである。

 

新しいSEが入って9nine登場。

これが今後のスタンダードになるのでしょうか。

新立ち位置は昔(武道館まで)に近くて、下手から佐武・吉井・西脇・村田だった気が。

うっきーが下手に戻ったのだけ確実で、あとは正直よく覚えておりませんのでアシカラズ←

ぼくの予想はセンターの海荷を外すだけであとは同じ、だったんですが見事に外れ。

そして上手に行ってしまったのでちょっと失敗と心で思うw

 

 

セトリはこんな感じ。

 

 

1.Re:

2.ダーリン、ダーリン

3.MY ONLY ONE

4.THE MAGI9AL FES.

 

 

 

クロオバもシャイスタもなかったのはちょっと驚きでしたね。

やはりリスタートという思いからか1曲目は「Re:」これはエモい。

 

MCではちゃあぽんが「私事で恐縮なんですが、実は最近メンバーが一人卒業しちゃいまして~」とネタにしてて笑いをとっていて上手いと思った。

この手の話は出来るだけ早く、本人たちからやってしまった方がよい。

そして恒例の「どこから来たのみんな~?じゃあ東京以外の人手を挙げて~」ってのあってあぁ9nineのライブだなぁと思った。

おれ埼玉だから項目には当てはまるんだけど、あっちが手を挙げて欲しい人はそういう近場の人じゃねぇんだよなぁといつも困ってしまうw

けど、とりあえず手を挙げておく。

 

 

次に始まったのがダーリン、ダーリンだったのはちょっと驚き。

最後にこれ聞いたのいつぶりだ・・・いつぞやの2.5Dだったような気がする・・・

おとなしい曲ってすることないから好きじゃないんだけど、この頃の9nineのおとなしい曲ってとても綺麗に作られているから好きなんですよね。

オレンジDAYSとかkoizoraとかいけるいける!とか。

まぁなんにしても佐武宇綺が特にかわいいんですよねこの曲(結局それ

 

 

そしてMY ONLY ONE。

ダーリンダーリンと続けて恋の歌なんだけど、一人の人間を想う気持ちって解釈もできるから、あの子のことを想ってセトリに入れたのかなぁなんて勝手にエモい気分になってましたね。

 

 

ラストは夏曲ということでマジカルフェス。

うーんあのアルバム曲はやっぱりまだ馴染まないなぁ・・・w

まぁ初見にもわかりやすいタオル曲だしいいかね。

途中でうっきーが「2倍速ぅぅーーー!」って煽ってるときにマイクの音の入りがちょっと変な感じだったので、またマイク壊したのかなって一瞬思ってしまったw

 

 

そんな感じで9nineの4人体制初ライブが終了。

個人的には海荷の穴を感じることはなかったなーって思います。

もちろんあの子は華があるからいるだけで場を変える力を持っていたから、それが無くなったと実感するのはもっと観てからなのかもしれない。

でも4人とも笑顔で楽しくやっていたからまぁそれだけで観てよかったなと。

おれそもそもパフォーマンスについて言える人間じゃないんで、推しとその仲間が楽しそうにやってくれればそれがいちばんです。

 

でももっと推しの名前叫んだり、飛び跳ねたいっていう欲求も当然あって、これが次のベビレに繋がってくるワケですね。

割といい相乗効果あるんじゃないかチームレプロ。

2組でもっと出演して欲しいものですね。

で、肝心のベビレのライブはもう2500文字いってるしもうすぐ2時だしで、結局その日のうちに書くことはできずおしまい。

最初の入りホントいらんかったな・・・。

 

 

 

今年も

 

 

だらだら

 

 

つづきそう

 

 

です・・・