読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはちょっと、無理なんで・・・

ドルヲタそろそろ5年目

11/8 PASSPO☆ワンマンフライト@横浜BayHall1部

一部はPASSPO☆におけるフライトの要、もりしの生誕フライト。 

 

その事実だけでもテンションは上がるんだけど、

この日の横浜の整理番号は1部も2部も良番、

そして俺をパッセンにしてくれたヲタの先輩(以降、師匠w)も参戦することになったので、

これは楽しいしかない!

 

そしてその通りになった訳でした。

(前日の2.5Dは自分的には今ひとつで、ちょっとだけ不安もあっただけに余計に)

 

開場は12時半なので、最寄りの元町中華街に12時に着くゆとり。

地元から1時間半電車にゆったり揺られてましたよ…。

ベイホールは今年1回藍坊主のライブで行ったけど、やっぱ駅から遠いな~

グッズ販売が開場1時間前の11時半なのでまだ行ったときにはまだ列。そりゃそうだw

知り合いに渡す品などを渡して師匠と合流。やっぱり落ち着くな。

あとちょうど別の知り合いが生誕用のサイを配っていたので、

「あれ、あなた白推しじゃ・・・・?」

とかからかいながらありがたくいただく。

 

1部は90番台なので、先に入場して師匠を待つ形に。

番号を呼ばれて中に入るとちょうど物販が空いてたので、そのまま購入。

どうせ中で待つんだから90番目に入る必要は全くない。テンポよくTシャツ購入。

(フライト後の物販列とんでもないことになってたのでこれは全く正解だった)

 

場内に入ると独特な円形のホールがお出迎え。

最初に左に進んでバーカウンターを左手に見ながらステージが見えてくる仕様は恵比寿リキッドルームに似てなくもないけど、こっちはもっとステージが主張してない感じ。

円形を感じるという点でも「ライブハウス」っぽくなくかなり独特な雰囲気。

水交換の人は売り子のように場内を歩いて渡してくれるのでこれは親切

2段目最前は埋まってしまっているので、2~3列目辺りに。

進路的にどうしても下手が混みそうなので、今回は上手に位置。

なちゅポジ的には下手がいいんだけど、上手もけっこう来るんで問題なし。

っていうか、1部は上手の曲ばかりでした。サイコー。

そのセトリはコチラ。

 

 

セトリ

 

1.BREAK OUT!!

2.MASK

3.Love Dairy

4.Final Vision

5.2DAYS

6.サクラ小町

7.BEAST IN YOU

8.FAKE

9.WANTED!!

10.Shiny Road

11.おねがい

12.無題

13.Perfect Sky(生誕曲)

14.STEP&GO

15.マテリアルGirl

16.Cosmic You

17.TRACKS

 

e1.サンキュバースディ

e2.向日葵

e3.Dear My Friend 

 

 

ご覧の通り、「もり」がモリモリなセトリですね。

もりし推しには夢がMORIMORIだったのではないでしょうか。(30オーバーしかわからん話題)

 

師匠も無事到着し、結局は2人で2段目3列目から観ることに。うん上々。

あと偶然2段目最前に知り合いが2人いたので、なちゅコールの際には突っ込めることを確認。

最初の入りでは1段目も後方ちょっと空いてて、

2段目は横のスペースは広大に空いてたし(柱邪魔だしね)後方もまだ余裕あり、

3段目は快適そうに見えて、ちょっと「うーん」だったんだけど、

始まる頃にはどこもそこそこ埋まってた感じ。

 

っていうか、今回のベイホールの仕切りはいい感じで、呼び出しスタートも早ければ、呼び出し自体もスムーズ。

30分など全然かからないペースですぐに捌いてしまった。お見事。

定刻に始まる予感すらあって俺現場間違えたかな?とか思いましたよ。

体感的にはほぼ押さずに暗転。やればできる!(←何様

 

 

このタイミングで1回目のサイ焚き。パキパキという音が心地よいw

見事に黄色に染まる場内。

 ここでいきなり「BREAK OUT!!」で一気に戦闘モード。

この曲はホントにもりしのもりしによるもりしのための無双曲ですよね。

黄色のサイにまみれた中の大もりしコールは圧巻。

もりし昔はスロースターターの気があっただけに師匠(実は森推し)も「今日はスタートから良いね」とのこと!

攻撃的な「MASK」をはさんでMC。しかし何度聞いてもBメロのゆっきぃコールはスタートから入りにくい。リズム感ないおじさん悲しい。

 

 

このMCでは・・・何か言ったっけな・・・。

とにかくいつも笑顔満開のもりちゃんが更にニコニコしてたのが印象的でした。

前にプレゼントあげたときもそうだけど、

人の好意に対して、ストレートに喜びを見せてくれるのが彼女のいいとこの1つ。

ある程度ね、予測はつくだろうし、そもそも何年もやってることだし。

それでも生誕委員の方々をはじめとする森推し、そしてパッセン全体の愛に対して、がっつり応えてくれるのは人柄かなぁ。

だから推しの皆さんも頑張り甲斐があるんでしょう、今回の皆さんの愛情はすさまじかった

これは刺激を受けた。無償の愛って素晴らしいよね。

なちゅ推しですがもりしも大好きなので彼女の笑顔をずっと見れたのはそんな人たちのおかげだから感謝ですね。

 

 

次のブロックは「Love Dairy」「Final Vision」「2DAYS」「サクラ小町」と続いたのでちょっと懐かしめ。

小町以外は「One World」収録なので縛ってくるのかと思ったら違ったっていうw

この頃にパッセンになったので師匠と昔を懐かしみながら楽しむ。

 

俺のすぐ前でほぼ地蔵だったおじさんもラブダイのクラップとかはしっかりやっていたので、ちょっと安心。

そしてサビでなちゅ正面だったのでしあわせ。

 

ファイナル~(略し方がわからない)はかなり久々。One World聞いてるときもついスキップしちゃうのはナイショでお願いします!

 

 

そしてMCではそのファイナル~の振りについて。

レア曲なだけにクルー(約2名)も踊りが怪しいとのこと。

どの場所かは忘れたけど、まこっちゃん先頭で次なちゅという陣形があって、そんときのたどたどしさを指摘されていたw

 

なちゅ「前がまちゃだからどうしようかな~と思ったよぉ~」

まこ「うへへ、前が私だもんね~」

もり「てか、人見ながらやってんのかよ!」

あん「なちゅ推しに言いたいんだけど、アンタたち、なちゅ見ながら振り覚えてるけど、間違えてるし遅れてるかんね」

こんときの発言が全部クルーの個性出てて笑った。

人見ながら踊るなちゅに怒らないまこ、突っ込みが早いもりしにいい感じの毒を吐くあんにゃ。

そう、俺もなちゅ見てるせいで振りがときどきわかんないときあるww

俺自身踊りが苦手なのもあっていまだに全然わかんないのもあるし、きっと遅れてるんだろうなー・・・

あんにゃはよく見てるし、いいタイミングでぶっこんでくるなーとセンスの良さを感じたシーンでした。

 

 

これからはカッコいい曲でいくよーとのフリで始まったブロックは「BEAST IN YOU」「FAKE」「WANTED!!」とまさに宣言通り。

 

BEASTでのあんにゃ推しの歓喜はすごいっすね。

ただ、彼女のお願いらしくメロでのあんにゃコールはダメみたいで、誘導灯を精一杯振ってるのが印象的でした。

これ、生メできたらしいけど、徹底させるにはもっとオフィシャルで言った方がよい気もしますな。

 

FAKEももりしのカッコよさが遺憾なく発揮される1曲。そしてなちゅ正面でしあわせ。

 

と、ここでいつもより早めのWANTEDだったので歓喜。このポジションは指差し正面じゃないか!!

AメロのもりしコールからもうテンションMAX。

昔はAメロからの連呼コールって好きじゃなかったけど、もう定着してきたしやってます。

次は「あーいぽん!あーいぽん!ヘイ!」ってなるからすっげぇ忙しいけど・・・w

そしてサビ。最高かよ。キャッチベイビーですよもう。

2部はもっと番号いいから、ここの少し前を取ろうと決めました私。

 

 

 ここのMCはなんだったかなぁ。忘れた。

曲に戻ると、中盤でのいいアクセントとして使われることの多い「Shiny Road」(なちゅパート最高。大事そうに歌ってる表情ステキ)、

みおの中2っぽい曲フリ(disってません)がしっくり合う「おねがい」、(「猫の水も~」のゆっきぃと絡んでるなちゅ最高にカワイイ)

と見どころの多い曲を挟んでまたMC。

 

 

もりしが「私たちは空と旅をテーマにしたグループで、この曲もそんな歌詞が入っています」的なことを言ってたので、

てっきり生誕曲であるパースカかと勘違い・・・w

サイの準備をするパッセンもけっこういたので同志はけっこういたんじゃないかなぁ~

そしたらなんと「無題」!いやフォーメーションで気づけよ!って話w

生誕かと思って和やかにしてたパッセンも一気に前に突っ込んでいく様がいかにもフライトで、後ろから見てていやー満喫してるなーと思ってみてました。

無題も完全にもりしの曲だよなー。これカラオケでよく歌うけど、キーがむずいんですよね。

やっぱもりしすげーなーっていつも思いますw

 

すると次に「Perfect Sky」!もてあそぶね俺らを!

落りサビまであんま落ち着かないまま過ごしてたけど、サビの振りは一緒にやってて楽しい。

そしてもりしの落ちサビ(いつもはクラップだっけ?)のタイミングで2回目のサイ焚き。

黄色に光る会場の中でいい笑顔のもりしがよく似合ってた。

パースカってあんまもりしのイメージなかったんだけど、缶蹴りにアーチ、落ちサビと見どころ満載でしたね。

というのも、やっぱりかなり多くの曲がもりしのパフォーマンスで成り立っている故に1曲1曲でもり感を感じないのかもしれない。

そう思ったときにやっぱり彼女はフライトの要だよなぁ・・・と再確認。

 

 

 そして本編終盤は「STEP&GO」「マテリアルGirl」「Cosmic You」と畳み掛ける。

ステゴは2段目にいたということもあってもう申し訳程度の動きしかなかったんだけど、

1段目の人たちはすごいことになってて客観的に見るといつもあんな中にいんのか・・・と不思議になってしまってなぜか笑ったw

 

そしてマテガでは2番のなちゅコールのときに2段目最前に入れてもらってコール。楽しかったなぁ。

あとサビほぼ正面でしあわせ。

 

あーやりきったなーと思ったらコズミックでいい意味で悲鳴。

なつみコールはちょっと険しかったのでもっと加勢が欲しいところ・・・w

この曲、みんな好きよね。俺も好き。

 

 

そして本編ラストは新曲「TRACKS

先週の仙台で初披露だったけど、行ってないのでこの日が初。

ラジオで初めて聞いたときに「なんだこのいい曲」って思ってたので、楽しみにしてたんですが・・・

 

 

 

 

マジで名曲だった・・・・。

 

 

 

 

ホントにチープな表現で申し訳ないですが、ホントにいい曲でした。

あのときのBLAZEの卒業発表の言葉をなぞるように作られた歌詞で既に泣けるのに、

クルー1人1人と触れ合いながら最後は離れて違うポーズで敬礼するとことか振りも完璧。

「ありがーとーさーよーならー」の部分でグっときて、アーチからまこっちゃんが出てきてとびっきりの笑顔向けてくるところでもうおじさんダメです。

胸、というか心に響く曲を作れる機長とそれを動きで体現させることができる竹中センセ(&杏ちゃん)は天才だと思います。

師匠とも顔を合わせて言ったのが、「機長天才かよ・・・」

 

 

TRACKSは間違いなく2014年の最高傑作。

 

 

こっちはこんな泣きそうになってるのに、それを堪えて笑顔でパフォーマンスできるクルーのみんなもホント強いなーって思うとまた泣けてきちゃう。

年とるのって怖いなー嫌じゃないけど。

さわやかな感動をもらったところで本編終了。

 

 

アンコールはね。もちろんもりしコール!

 

 

そしてもりしが一人で登場。

「えーと何話すか全然決めてないやー」

と完全にノープランw

これにはパッセンが「抱負はー?」と助け舟。

「抱負ね!考えてた!もりはねー、何かを続けていくこと!何でも長く続かないから・・・」 

へー意外。

「毎日ランニングする!とか言ってるけど、雨とか降ったり、めんどくせーなーって思っちゃってやってない日もあるし」

 真面目だな、もりちゃん。

「だから週3でやる!とかそういうの決めてそれを続けたいと思ってる」

うん、週3も十分意識高いよ。

 

感動で言うと、去年は凄かった。

「ぶれない強さ、森詩織」(だったかな?)という弾幕を見て、

もりはさー強いってよく言われるんだけど、全然そんなことないんだよね。でもね、みんながそう言って応援してくれるから、もりは強くなれるんだ

って。これは泣いたね。

 

今年はというと、感動ではなかったけど、実にもりちゃんらしい言葉だったかなって思う。

真面目で自分に厳しくて、思ってたことをストレートに口にする。

気負ってるな、って思うこともあるし、空回りすることもある。

でもいつも一生懸命だから、冗談でもバカになんてできない。

この子のこういう姿勢にクルーもパッセンも引っ張られているんだよなーとか思いながら話を聞いてました。

 

このあとの曲も実にもりしらしくて、「サンキュバースディ

これは「生まれてきてくれてありがとう」っていうこっちの感謝の気持ちと、

「生んでくれてありがとう」っていうもりしの両親に対する感謝の気持ちがうまく融合してたと思う。

 

そしてクルー内での話に。

「あんたが長続きできないとか言ったらウチらだーれも長続きなんてできないっての」とあんにゃ。

そうそう、俺らもそれよ。わかってるねこの子。

 

あとは酔っぱらい元さんの話。

なちゅ「ゆっきぃは私が面倒をみる!!って言ってたよww」

なおみん「あとPASSPO☆のパフォーマンスは私が引っ張っていくんだよぉぉ!って言ってたw」

もりし「ゆっきぃのやつは全然覚えてないwww」

酔うとイケメンになるのかなもりし。

 

そして面倒見てもらえるゆっきぃから段ボールで作ったバースデーカード(?)の授与。

ここでは文章を読み上げるゆっきぃが感極まってしまって泣き出すハプニング。

そしてもらい泣きするもりし。

なんやなんやこのいい子らは。

 

 

その後の扱いは安定してました。

 

 

 ほっこりしたとこでみおの煽り。

「まだまだ終わりじゃないよ!騒げるよね!」

パッセンが「うおー!」と唸る中、あんにゃが「あと1曲だけどね」と修正。

うぉい1曲かよ!

 

そんな中始まった「向日葵」はラストには1段目後方にちっちゃなサークルというかモッシュの場ができてたような。

曲が終わると間髪入れずに「デーン!」と音が鳴り響く。

これは、「Dear My Friend」!

ダマされた!もう1曲あったww

ラストのディアマイというのは、「ノーアウトランナー1塁での代打川相におけるバント」くらい堅実な流れだったんだけど(ホントかよ)、

最近はめっきり減ってしまったので悲しかっただけにうれしかった!

ディアマイももりし感あるよね。

ラストのあいぽんとの掛け合いの所はあいぽんがいとおしそうに絡んできたのが印象的。

個人的にラストはディアマイ・「I」・無題のどれかだと遣り切った感あって好きなんすよね。

 

 

そして愛に溢れたもりし生誕フライトは終わったのでした。

生誕委員の皆様お疲れ様です!ありがとうございました!

 

 

このあとは特典会レポ。

 

今回のレギュレーションは、

特典券3枚の全員写メ

特典券1枚の個別握手

という流れ。

全写はもりし生誕ということもあってか、いつも以上に並んでいた。

そして並んでいたといえば物販購入列も。

列が蛇行してよくわかんない状態になってて、「全体写メ撮りたい方は先に会計しまーす」という例のカオスな感じ。

これ、嘘つけばいくらでも前に入れちゃうんだよねー。

 

まぁ先に買っといてあるし、師匠は接触なしでOKとのことなのでゆったり全写が終わるのを待つ。

この間も個別握手の列はあらかじめ作ってあったんだけど、やっぱまこっちゃん、そしていつものあいぽんはこの時点でけっこう並んでましたね。

 

このタイミングで黒のPASSPO☆T&タオルから、

なちゅ推しのカリスマT&向日葵のオレンジタオルに着替え。

1部はね、もりし生誕だし、必要以上になちゅ推しを出さないカッコしましたが、これから先はぎゃんぎゃんになちゅ推しを押し出していきまっせ!

なんか最近このカリスマTシャツ着過ぎてて、周りの目線が気にならなくなってきてしまった・・・w

 

個別握手はカルチャーズのときみたく、列と握手する場所が別にあって、

先頭から何人かが呼ばれて握手会場へ向かう感じ。

ただこれも移動後に誰に行ってもわからないので、とりえあず空いてる列に並んで握手場所に行くという手もあった。

というか、握手場所から帰らずにそのまま居座るというのも可能な気がする・・・

まーこのへんは良心にまかすしかないんですねぇ。

 

 

とにかくなちゅ列へ。

膝の影響なのか、座ったままの握手だった。ちょっと心配。

 

なちゅ1

な「いえー(はっちゃけポーズでハイタッチ)」

俺「なちゅは今日もめっちゃかわいいなー」

な「えー!ありがと!前髪切りすぎたんだけど…」

俺「いや似合ってる!かわいい!昨日も見てたもん!」

な「あー!めっちゃ前いたよね!」

俺「いたいた!今週はいっぱい会えるから嬉しい!」

な「ねー!めっちゃ会ってるよね!たのしいー!(左手で俺の腕毛をさわさわ)」

俺「ホントに幸せです!(深々とお辞儀)」

 

めっちゃ良かった。

前日の2.5Dは確かに2列目に座ってたけど、覚えてないだろうなーと思ってたし、

めっちゃ会ってるよね!もうれしかった。

ラストはかしこまって去ったw

 

 

すぐに並び直して2回目。 

 

なちゅ2

 俺「なちゅ〜」

な「おーう!」

俺「二部も行くからたのしみ!」

な「おー!○○○○(なちゅ独特の呼び方)!」

俺「それ、HN以降は何て言ってんの?」

な「えー決まってない!そのときによる!」

俺「そうだったのか!w 俺、生メールの返信に聞こえた通りに○○○○!って書いてるんだけど」

な「あー!だよね!それ正解!」

俺「あってるんだ!」

な「そうそう、ありがとね」

俺「いやいや!見てくれてありがとう!」

 

生メールみてくれるんだー!

名前の謎も解けたし、今後はずっと返信に名前つけてく!

決まってないので正解とは一体・・・?とか深く考えない!

ま、まだフライト以降生メールきてないけどw 

 

 

ラストはまこっちゃんに。もう会って話せる機会も残りわずかだし。

次の柏と月末のカレンダーのイベントを残すのみ。さびしい。

せっかくだから本音を言うことにした。

 

まこっちゃん

ま「あー!」

俺「あのさ、ちょっと本音言っていいかな」

ま「んー?」

俺「俺は、まこっちゃんが辞めちゃうの、すごく寂しいよ。まこっちゃんのいないPASSPO☆なんて困る!」

ま「うん…(泣きそうな顔)」

俺「でもね!絶対いい女優になれると思うし!頑張ってね!」

ま「ありがと!」

俺「カレンダーのイベントとか行くし、よろしくね!」

ま「来てくれるんだぁー!待ってるね!」

俺「うん、またね!」

 

・・・うん。これちょっとまこっちゃん推しには怒られるかもしれないけど、いいよね。

やっぱり言葉が追いついてこないっていうか、思ってることを不純物を入れずに伝えるって難しい。

こういうときってポジティブな話しかしずらいけど、やっぱり惜しまれつつ卒業する訳だし、少しくらい未練がましくてもいいかな・・・

とか思ったけど、結果悲しい顔させてしまって慌てて「思うし!」とか「行くし!」とか変な言い方になってしまって申し訳ない。

でも怒られるの覚悟で感想を書くと、イベント行くことを伝えたときの笑顔はもちろん、最初の悲しそうな顔もやっぱりすげー可愛かった。

柏はもうポジティブな話ばっかにしますね!笑顔でお別れ!

 

 

ということで接触は終了。

自分としてはいい時間を過ごすことができたなーと思ってます。

あとはもっと相手に返さなきゃいけませんね。

 

という訳で思い出に残ったフライト1部は終了。