読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはちょっと、無理なんで・・・

ドルヲタそろそろ5年目

PASSPO☆奥仲麻琴卒業発表

えーと。

まだ気持ちの整理はついていませんが。

それだからこそ書けることもあるかな、と思い。

まこっちゃんの卒業について書きたいと思います。

 

俺はやっぱりパッセンなので、パッセンとしての書き方しかできない。

アイドル好きの意見として客観的にはちょっと書けないよ。

 

まず表題の件ですが。

本日9月28日に新宿BLAZEで行われたPASSPO☆のフライト(ライブ)夜公演にて、

ピンク担当のまこっちゃんこと奥仲麻琴さんが卒業を発表したのです。

卒業するのは来年1月1日、

ツアーファイナルとなるTDCホールでのフライトです。

 

 

何て言うか、一言で表すと、

「ショック」

この言葉かなぁ。

 

 

2部のフライトもいつものようにやって(るように俺には見えた)、

本編が終了し、アンコールが起こり、始まった曲は

「Growing Up」

この曲の落ちサビの担当がまこっちゃんでした。

俺はこの部分が好きなのでまこっちゃんを観ていたんだけど、

最初は笑顔で歌い始めたものの、

段々と表情が崩れ、鼻を赤くしていったので「あれ?」と思ってました。

涙を零すことはこらえたものの、隣にいたもりしも何だか泣きそうな表情。

 

この曲が終わり、一列に並んだクル―たち。

いつものように「アンコールありがとー!」って言って、それぞれの告知。

あんにゃのラジオ。みおあんのイベント。ゆっきぃのイベント。

次のフライトの詳細。そしてツアーファイナルの紹介。

1部はここで終わりだったんだけど、あいぽんが「もうひとつあります」と。

いい情報かと思って色めきだつパッセン。

いや嫌な予感を感じていたパッセンもいたのかも。

 

そうして次々とクル―が捌けていき、一人残ったのがまこっちゃん

表情は、笑おうとしてたけど、心底笑えない、そんな感じだった。

 

この辺りで何か嫌な予感を悟っていたパッセンは多かったように思います。

いやでも過去にもこういうことってあったし、今回もきっと・・・ってのが俺の考えでした。

 

PASSPO☆で5年やってきて」

振り返り始めるまこっちゃん

 

「悲しい事、辛い事もあったけど」

どんどん表情がこわばっていく。

 

「でも、PASSPO☆といると後から笑えちゃうんだよねー」

言葉とは逆に言葉に詰まって行くようになっていった。

 

この辺りでもう、そんな話をするんだろうなー。

いきなり言うとこっちがびっくりしちゃうから、猶予を与えてくれてるんだな。

 

そんなことはわかってたけど。

「だからこれからもPASSPO☆として頑張ります!」

こんな言葉を期待してる自分がいて。

きっと他にもいたと思う。

 

でも、そんな話だったら、わざわざこんな場所で言うことじゃない。

 

話は進んでいき、

今の自分に焦りを感じている事。

自分の夢は役者になるという事。

将来のためにぶれずに生きたいという事。

まるで砂山に立てた棒の周りの砂をさらっていくように、

ゆっくりゆっくりと「その言葉」へと近づいていく。

 

そして、

 

「私、奥仲麻琴は1月1日のツアーファイナルをもって、」

 

「卒業します」

 

 

 

この瞬間、どうしたらいいかわからなくて。

どんなリアクションもとれなかった。

予想はできていたはずだったけど、信じたくなかったので、全然その言葉に反応できなかった。

 

周りから聞こえたのは「えっ・・・・」「嘘・・・・」というつぶやきのみ。

ただ、みんなじっとまこっちゃんの表情を観ていたように思う。

忘れないように。

この現実を受け入れる為に。

 

でも、なかなか気持ちという奴は厄介で。

頭では理解してても、心が受け入れてないというか。

何これ?ホントに?

っていう言葉で、これ以上の事実の侵入を認められない状況。

こんな出来事が初めてだったので、どうしたらよいかわからなかった。

 

ただ、自分の気持ちを嗚咽しながらも、

しっかりと伝えるまこっちゃんの声と、

すすり泣く女パッセンの泣き声だけが響いていた。

 

そうしてるうちにクルーがやってきて、

さこが抱きしめて、もりしが頭をよしよしとなでて、なちゅも何か言ってた。

 

そうか、この子たちは知ってたんだな。

それでフライトやりきったんだな。

そう思うとだんだん感情がリアルになってきて。

遅れてきた涙がすっと落ちてきた。

あぁこの子たちは俺らよりもずっと強いんだなって。

 

マイクを受け取ったあいぽんが、

この話を聞いたのはツアーの始まる前(おそらく中編のこと)だという事。

決意を感じとったので、止めることはできなかった事。

涙で何度か下を向きながらも伝えてくれる。

その話のとき、みおが何かをこらえるように下をずっと向いてたけど、

ばっと顔を上げてじっと前を見据えたのが印象的だったなぁ。

 

このあと曲できるのかな?って雰囲気になったところを

空気読めないフリをして割って入ったのは最年少あんにゃ。

「永遠なんてないんだよ。クル―だっていつでもいる訳じゃない。そのときのフライトを楽しみなさい!」

そして「マネージャーだっていつ変わるかわかんないし」と冗談ぽく言って場を和ませる。

「後悔しないように楽しんで、それで死になさい!」

あぁこの子はすごく周りが見えてるんだなぁと思った。

だって、そんな言葉をパッセンはきっと待ってたから。

そうでもしないと、ちょっともたなかったよ。

 

そして少女飛行を歌って、終了。

ラストのサビはずっとみんなで歌ってました。

 

 

ちょっと状況の説明が長くなりすぎた・・・。

感情が入っててちょっと気持ち悪い文章になってて読んでる方がいたらすごく申し訳ない。

 

申し訳ないついでに言わせてもらうと、俺とまこっちゃんの思い出でも。

 

さらに申し訳ない事を重ねると、俺は実は昔まこっちゃんがそんな好きではなくて。

こんな文章今まで書いといてwwっていうことなんですが、実際そうだったんです。

 

俺がちょうどパッセンになった時期にライダーのヒロインをやっていたので、

イベントやフライトでいないことが多くて、

その都合上、ブログも更新自体が少ないうえにその更新もライダーの告知に偏ってしまう。

あんまりまこっちゃんを知らない時期にそんな状況だったし、

まこっちゃん自身もそんなに口数の多いタイプじゃないので、

「この子はあまりやる気がないのかな??」

って思ってしまったのです。

 

ダンスも得意そうじゃないし、なんであんな人気あるんだろう。

いや確かに可愛いけど俺の顔の好みはなちゅとかあいぽんだし。

あのあんな喋らない感じだと、きっと握手会行っても塩対応だろうな。

そう思ってたんです。

 

でもPASSPO☆を好きになって、

フライトもかなり行くようになって、

嫌いなクル―なんてできるはずもなくて、

「イメージしてたまこっちゃん」じゃなくて、「本当のまこっちゃん」をやっと見れるようになって、

すごく魅力的な女性だなってやっと気付いたんですね。

 

すごくかわいいし、全然偉そうじゃないし、

ダンスも歌もうまい訳じゃないけど、必死にやってるのは伝わってくるし、

それで握手会行ってみたらめちゃめちゃ愛想よくてびっくり。

なんだよむしろ弱点ないじゃないか・・・と。

 

「あー久しぶり!」ってすぐ言ってくれるようになったのは嬉しかったなぁ。

まぁ毎回「久しぶりじゃない?」スタートなんだけども・・・w

(今回も安定のこのスタート)

 

そんなまこっちゃんが卒業してしまうんじゃないか?って思ったのは

「Growing Up」を発売した辺りのこと。

去年の10月だったかな?

そんときのフライトで初披露だったけど、

発表あるかも・・・

ってちょっと覚悟してたのを覚えてます。

そのフライトが普段あまりやらない「See You Again」とかやったもんだから

変に深読みしてしまった・・・

なぜそう思ったかと言うと、この曲のPVのラストで、まこっちゃんだけがクル―とは違う場所にいて、

他の8人と向かい合って意味深な表情を浮かべて終わるんで、

これは何かの暗示なのだろうか?

ってこれも深読みでした・・・

 

でもこの曲に向けたメッセージ動画で、

「いつかくる卒業のために」っていう発言をしてたんですよね。

そのときに思ったことは二つ。

 

・あぁ、卒業は「いつか」であって「今」じゃないんだ

 

そして

 

・あぁ、「いつか」卒業はくるんだなー・・・

 

です。

そして、その「いつか」はずっと先の話なんじゃないかと。

 

まこっちゃん卒業はそんな予感があるたびに結局は大丈夫だったので、

もしかしたらずっと大丈夫なのかもしれない。

それはもう願いに近いものになっていたのかも。

 

「いつか」はとうとう来てしまった。

思っていたより、願っていたよりもずいぶん早く。

 

僕らはこの覚悟を尊重するほかない。

ただのヲタクにこの覚悟を変えられる訳ないし、

文句言ったり、お願いをするのは野暮ってもんだ。

 

でも。

 

一回くらいは。

 

いわせてほしい。

 

 

 

なんでだよ。

 

 

なんでやめちゃうんだよ。

 

 

俺は・・・やだよ。

 

 

まこっちゃんのいないPASSPO☆なんて嫌だ。

 

 

今からでも考えなおしてくれないかな。

 

 

 

 

 

 

うん、おしまい。

 

 

わかるよ、わかる。

もう嫌じゃない。

8人になってもPASSPO☆はもちろん応援する。

考え抜いた末の決断なんだから考え直す必要なんてないよね。

 

 

ヲタクなんて応援するのが趣味なんだから

別にアイドルだろうが女優だろうが応援するよ。

だってまことはかわいいし。

うふふふって笑い方なんて近くで聞いたら気絶するくらいかわいいよ。

 

こんな楽しいPASSPO☆やめるんだから、

絶対いい女優になって欲しい。

幸せな人生を歩んでほしい。

CMとかに出てる姿みて「俺この人と握手したこと何回もあるんだぜ」って自慢させて欲しい。

できると信じてる。信じて応援するよ。

 

幸いにも「今日やめまーす!」じゃなくて、

三か月以上も猶予をくれたんだ。

きっと元旦は笑顔を送り出せると思う。

まぁ、ちょっとは泣くかもしれないけどさ・・・。

これも卒業発表のときのような優しさかな。

 

業界の人って変わった人が多くて大変かもしれないけど、

そもそもPASSPO☆ってクル―も取り巻く人も変な人ばっかりだから、

今更驚くことないでしょ。

人生はやりたいようにやるのが一番だよ。うん。

 

なんだかすごく長くなっちゃったし、取り留めないし、女々しいし、キモチワルイし、

めちゃくちゃな文章ですが、これが今の俺の素直な気持ちです。

今までありがとう。

あと三カ月よろしく。

ていうかこれからもよろしく。

まこっちゃん卒業おめでとう!