タイトルはちょっと、無理なんで・・・

ドルヲタそろそろ5年目

4/20 Rev. from DVL@ラクーアリリイベ

今注目度が上がっているRev. from DVLのイベントに初参加。

ベビレ1部を中途半端に見たので、2部も見ることにしたはいいけど、

その間の時間が半端に空いてしまった。

ひめキュンの2部も考えていたんだけど、そしたらベビレがまた間に合わなくなってしまう。

ひめキュンは3部まであるからこっちでいいだろう。そしたら何をしていようか・・・。

それで浮かび上がったのがこの現場。

 

 

Rev.from DVL

何度見ても聞いても覚えきれない。要は神様仏様の橋本環奈様の所属するグループです。

ニュースでもよく取り上げられていて、

「天使過ぎる」とかマスコミさんがいかにも好みそうなキャッチフレーズで有名ですよね。

どんだけ可愛いんだろう、ともうそれだけ。動機は。

ほら、ミーハーじゃないですか、もともとヲタって(と逃げてみるw)

 

 

しかし名前が悪いなー。

「先頭大文字の略語」+「小文字単語」+「大文字頭文字」って字のバランス悪いよ・・・

語呂も良くないし、同じ九州のLinQとかHKTと比べると・・・

まぁ一見の癖にグループ名に絡むのはやめといて。

 

 

開始5~10分前に会場に着くとやっぱり注目度の高さを感じる人の多さ。

Rev.ヲタじゃなくて、僕のような一見ヲタ、そしてアイドルに興味のない一般の人が多かった。

優先エリア(CD購入者?)はまだ空いているのにその後ろのエリアには人がぞろぞろいることからもそれがわかる。

みんな環奈様狙いなんだろう。首をきょろきょろさせている。

うーーん、異様な光景だ。

正面は人が多そうなので、上手サイドに。3,4列くらい前にいる。

ここなら振りを知らなくても問題なさそう。というかサイドにいる人はみんなRev.ヲタではないっぽい。

 

セトリ

1.LOVE -arigatou-

2.らりるれろLOVE

3.wanna be

4.Angel Voice ~天使の約束~

5.逢いにきんしゃい

 

  

↑これは一部のセトリらしいけど、おそらく一緒かな・・・。

初見の人が多いことを意識してか、必ず曲名を言うようにしてたのは良かった。

リリースイベントという体をとっている以上、ファン以外にも目を向けるのって大事。

まぁ、このグループの場合は特殊な注目を浴びてるから、これは必須だよね・・・

 

 

始まってみて思ったのは、非常に失礼な感想だけど、ちゃんとしてるな、と。

 

 

環奈様フィーバーに乗ってメジャーデビューが決まったのは間違いないけど、

地元でしっかり土台をつくってきたというのも紛れもない事実。

それを見せれただけでもこのイベントは意味があったんじゃないかなぁ。

 

 

あとは好みの問題ですが、デビュー曲「LOVE -arigatou-」はいかにも王道テイストな曲で、

それ故にピンとはこなかった・・・。

注目の環奈様はというと、予想以上のちっちゃさで俺のいるサイドではほとんど見えずw

熊井ちゃんの偉大さ(デカさ)をこんなところで知るとはね・・・!

コールは優先エリアの人が頑張ってる感じ。あんまヲタヲタしいのはなかった印象。

 

 

そしてMCに入りメンバーがそれぞれ自己紹介。

ヲタのレスポンスを求めるのもあったけど、やっぱり知ってる&ノれる層は一部。

自分たちが「オマケ」だと思われてるのが伝わってくるのであろう、気持ち巻きで進めていた子もいた。

んーこれはこれで切ないな。

そして「他の12人とか興味ねーよ」とか思いながら現場に来た自分を恥じる。

これ、自分の推しがこんな扱いだったら悲しいもんなー。

 

 

そして注目の環奈様。

思ってたより周囲の「おおー!」感はなかったけど、やっぱみんな首動かしてキョロキョロしてた。

ちょっと見えたけど、確かに天使感十分。

9nineのうみちゃん、PASSPO☆まこっちゃんといい最近自分の中で正統派美少女がキテるのでこれはなかなか。

声がしゃがれてる、ってのは確かにそうだったけど、特にマイナスには感じなかった。

ここで俺の目の前にいたおじさんが帰る。

環奈様のMC見たからオッケーってことかな。

まぁ見やすくなったからいいや。一人違うだけで格段に見えやすくなった。 

 

 

あとは一気に12人見ると、なかなかもう覚えてないんだけど、

一人、印象に残ったのが同じ橋本性のゆっきーこと橋本幸奈。

何が印象残ったかっていうと。

 

 

「ん?小学生が混じってるぞ?」

 

 

と思う程の幼い外見。実際は1999年3月生まれ、現在は15歳の高校1年生です。

こ、高校生だとーーー!!??

思わず二度見しちゃうほどの子ども顔です。(ロリとはちょっと違うような気がする)

本人もそれをアピールポイントにしてるらしく、

 

 

「私、いくつに見えますかーー!」

 

 

という自己紹介をしていた。

それに対しヲタが

 

 

8歳!

5歳!

 

 

と言ってた。5歳はネタだとしても、マジで8歳はありえるぞ・・・

そこからの

 

 

「なんでやねん!」

 

 

何故か関西弁でツっこんでいた。九州のロコドルなのに、東京で「なんでやねん」

このギャップに「フフ」とつい笑ってしまった。やるなゆっきー。

 

 

パッセンの僕としてはね、ゆっきーという語感を聞くと、

心も体もLサイズーーー!のあの人が思いつくんだけども(正しい表記は「ゆっきぃ」だけども)

こっちのゆっきーはまぁちっちゃいちっちゃい。極端だよ、ゆっきー。

環奈様もちっちゃいけど、更にちっちゃいのがこっちの橋本さん。

Sサイズっていうか、完全にキッズサイズ

 

 

千奈美に名前が一字違いだけど、姉妹とかではないので注意。

環奈様も1999年の早生まれだからね(2月生まれ)。

 

f:id:ffsaikyou:20140510022531j:plain

W橋本。

くどいようですが、二人とも高校一年生です。 

 

 

千奈美千奈美にこの学年、同級生には

娘。の鞘師里保小田さくら、スマの田村芽実、jjの宮本佳林

エビ中廣田あいか柏木ひなた、女子流の新井ひとみといった、

そのグループのセンターや歌唱メンが多く存在する学年だったりする。アイドル当たり年ですな。

(学年なので、98年生まれ組として考えます)

僕の中での当たり年はなちゅとうっきーを生み出した91年組ですけどね!

 

あと、グループ名が覚えずらいのはメンバーも感じてるらしく、

特に愛称は、「Rev.って言ってもらえればオッケーでーす」と言っていた。

オッケー、Rev.。

 

 

曲に戻って、「らりるれろLOVE

これはユニット曲。環奈様いる方です。

どんな曲かは忘れたけど、タイトルのおかげでコミカルな曲であることは思い出せた。

あと環奈様の顔芸ね。意外と表情豊か。

 

 

次の「wanna be」ではさっき出てなかったメンバーのユニット曲。

予想はできてたことだけど、会場の「あー環奈様ひっこんじゃうのか」感がすごい。

でも全体をじっくり見ることができたのは皮肉。

ワールドカップで日本が敗退した後の試合をゆったり観れる感覚に近い。ん、伝わりにくい??

まぁやっぱり覚えてないんだけど、この曲が一番カッコよかった印象がある。

 

 

Angel Voice ~天使の約束~

サビの後半にみんなでやる振りがあるのでレクチャーしてからスタート。

まぁ俺の周りの人は当然やらないよね。

みんなでやれば楽しいと思うのだけど、さすがに険しすぎるので見。

 

 

ラストは「逢いにきんしゃい

いかにも私たち九州アイドルですってタイトルでわかりやすい。

これもコールのレクチャー。

行くばーい!」のところを場所にあわせて「行くよー」にするような。

んん、せっかくの九州弁なんだからそのままでよくね?

あと心の中で言ってたんだけど、割と合わせるのが難しくて最後にやっと合った程度。

これはどっちかというと僕のリズム感のせいかもしれない。

 

 

ハイタッチ会は各地で色々叩かれてるあのシステム。

CDに各メンバーの名前が一人書かれた特典券が入っていて、その子のいるレーンのメンバー(3、4人)とハイタッチできるというもの。

↑これだけ書くとそんな問題に見えないんだけど、問題はやはり注目がたった一人に注がれているという点。

環奈様と接触するためには本人の特典券を引くか、

その日同じレーンに並ぶメンバーの特典券を引くことが必要になる。

だいたい4レーンくらいなので、確率は4分の1ということ。

まぁ普通に自由に選べてしまったらきっと9割が環奈様に行ってしまうだろうし。

9割のヲタと接触しないといけないのも大変だし、すぐ列が枯れるのを晒されるのもキツい。

メンバーを守るためのシステムと捉えればそんなに悪くないんだけど、

まぁ言ってしまえば「環奈様と接触するにはCD何枚か買ってね」っていう露骨なメッセージが見え隠れするのも事実。

普通に全体握手で環奈様だけ剥がしの人に頑張ってもらう(俗に言う海荷システム)ので良かったのでは?と思ってしまう。

と、つらつら書いたけど、やっぱり環奈様以外とは間が持たなそうなのでCD買わずに帰ったので文句言う筋合いはあまりなかったりする。

 

 

で、この売り方、問題は新規が思ったより寄りつかないという点以上に、

ずっと応援してきたヲタの心を離しかねない点に問題がある気がする。

だって、自分の推しをセット販売の一員みたいにされたら嫌でしょ。

(これ考えただけでちょっとムカムカする)

環奈推しは環奈推しで何か疎外感を受ける気がするし。

今後の売り方に注目ですね。

 

 

 

あと、肝心の一般の方たちですが、

俺の前のおじさんみたいに環奈様だけ見れたらもういいやって勢。

ヲタを半分馬鹿にした感じで適当にコールしてみたり関係ないとこでケチャうったりする勢。(後ろに何人かいてけっこう気になった)

盗撮かなんかでスタッフに連れられてく勢。

などがいたりしてまぁこの人たちはCD買わないよね。

一歩引いたとこから見ると、まだまだ現場ってのはアングラなんだなぁとか思ったり。

 

 

今回は見送った接触ですが、

キャラアニで買う限定盤での接触イベントは全部環奈様出席されるということで、

(大変だ・・・)

行くことにしたので、それはまた後ほど。

 

 

客観的に見れる分、色々と考えられることがあるので、初めて行く現場ってやっぱりいいかもしれない。

あと現場を知らない立場で言うと、やっぱりリリイベって最適だなと。

これ行っただけで「俺もう初見じゃないもんね!」っていう気持ちになるからね。

とりあえず風俗行って「俺もう童貞じゃないもんね!」っていう気持ちに似てますからね。

ん、ちがう?あれ、うそ?

おわり。